2017年09月14日

コーヒーのルーツ モカマタリ




コーヒーの歴史は、モカコーヒーの生産地



エチオピア&イエメンで発見され、




栽培が世界へ広まっていったといわれています




モカコーヒーの名前の由来は、




イエメンの首都サヌアの外港であるモカ港




から積み出されたコーヒー豆を




モカコーヒーと名付け取引された事が始まりです




モカマタりとは、イエメン中部山岳地帯




(バニマタル地方)の急峻な斜面で




昔ながらの農法で栽培される




モカコーヒーの最高級品です




世界に広がっていったコーヒーは、需要が増え




それに伴いプランテーション化され大量生産




農薬、化学肥料を使い、




品種改良を繰り返して生産され




ここ数十年でコーヒー生産量は何倍にもなりました。




「量」を求めると、当然のごとく「味」が低下します。




そんな中イエメン生産のモカマタリは、




今も昔ながらの農法で栽培されていて




味も香り、そしてコクも最高です




生産量も少なく貴重なコーヒーです




当店のモカマタリが紹介されていますので




ぜひご覧くださいね




「おとりよせネット モカマタリ」を検索してください




よろしくお願いします



Posted by モカマタリ at 07:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。